マッチングアプリに疲れた…。続かない時に私が試した対処法

tired

あんず
あんず

こんにちは!複数のマッチングアプリを使いこなす女、あんずです。今日はマッチングアプリ疲れについて書きます!

管理人カワバタ
管理人カワバタ

結婚相談所も運営するマッチングアプリコンサルの私が監修します!

こんなこと、考えていませんか…?

悩んでる人
悩んでる人

マッチングアプリに疲れた…

「いい人と出会いたいけど、いいねしてメッセージして、デートするまでの流れが面倒くさい」

今回は、そんな悩みを抱えている皆さまに向けの記事です。ペアーズ、with、Omiaiを使い倒しマッチングアプリ疲れにたくさん悩まされた私が「マッチングアプリに疲れた人にオススメしたい対処法」をご紹介します。

最後まで読んでいただけたら、きっとマッチングアプリ疲れを解消して新たな出会いに向けての一歩を踏み出せているはずです!

マッチングアプリ疲れの原因と対処法

「マッチングアプリで疲れた」という悩みを抱えている人は非常に多いのですが、疲れてしまうのには必ず何かしらの原因があります。

まずはマッチングアプリ疲れの原因として多いものを順番に見ていきます。

tired7

【1】いい人がいない

理想の相手を見つけるためマッチングアプリに登録したのに「いい人がいない」と悩む方は多くいらっしゃいます。

マッチングアプリは、職場や大学といった限られたコミュニティ以外の人とも出会えるため、より自分に合った「いい人」を見つけられる可能性が高くなります。

では、なぜ多くのマッチングアプリ利用者は「いい人がいない」と悩んでしまうのでしょうか?考えられるのは主に以下の3つです。

理想が高い

「医者や弁護士以外はいやだ」「身長180cm以上、年収600万円以上」など、平均以上の相手を求める方は、なかなかいい人を見つけられず苦労するケースが多くなります。

受け身過ぎる

「自分からいいねをしない」「メッセージのやりとりでは会話をつなげる努力をしない」という人は、マッチングしてデートまで行きつく確率が下がり、結果的に「いい人がいない」と苦労することが多くなります。

プロフィールの内容が浅い

面倒という理由でプロフや写真を妥協すると、その分だけいいねをもらう数やマッチング数が減るので、出会える人の数が減り「いい人がいない」状況になってしまいがちです。また、プロフィールの内容が浅いと、どうしても自分の趣味や価値観に近い人と知り合う確率も下がってしまうので、良いと思える人に出会いにくくなります。

「いい人がいない」と言っている人は、あたかも自分は何も悪くないように捉えているケースが多いですが、実は出会いが上手くいかない原因は自分にあります。その事に気づけるかどうかで、結果は大きく変わってきます。

【対処法】いい人がいない場合

マッチングアプリは身近なコミュニティーに比べ出会える人の数が多いので、工夫次第では自分にピッタリの良い人と出会いやすくなります。

いい人と出会うために出来る対処法は主に以下の3つです。

理想を下げる

自分の考える「いい人」がいない場合は、理想を平均以下に下げてみることをオススメします。「経営者や士業だけでなくサラリーマンにも目を向ける」「身長180㎝以上でなく170cm以上にする」など。理想を下げてマッチングしても良い人を増やし話して中身を見ることで、きっといい人が見つかりやすくなりますよ。

積極的になる

「自分からはいいねやメッセージをしない」という変なこだわりを持っている人は、それをやめて積極的に自分からアプローチしましょう。自分からを積極的に送ると相手からの返答率もアップし出会える人の数が増えるます。

プロフィールを充実させる

プロフィール欄は全部埋めて、趣味や仕事・恋愛への価値観は細かく書いて、アイコンには画像をきちんと載せましょう。そうすると、自分に近い趣味や価値観の人に興味を持ってもらいやすくなり、気が合ういい人と出会いやすくなりますよ。

【2】会うまでのやりとりが面倒

question

当たり前ですが、マッチングアプリでは実際に会うまでに以下のような流れを踏む必要があります。

  • いいと思った相手にいいねを送る
  • メッセージのやりとりを重ねる
  • デートの約束を取り付ける

特にメッセージのやりとりでは、相手が返事をしやすい話題を提供する、質問文を入れて返すなどの工夫も必要です。そのため、常に相手に気を遣いながらのやりとりになります。

さらに、マッチングアプリでは同時進行で複数の人と行わなければならないので、余計に大変・面倒くさいと感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

【対処法】会うまでが面倒くさい場合

個人的に、会うまでのやりとりが面倒くさい人にオススメの対処法は2つです。

電話をかける

最近のマッチングアプリには通話機能がついていることがほとんどなので、「もうメッセージの返事を考えるのが面倒」と思ったら思い切って電話をかけちゃいましょう。電話では、相手の雰囲気や声質、中身を知ることが出来ますしメッセージをせずに出会う約束を取り付けることも可能です。

すぐ会う約束をしちゃう

会うまでのやりとりが面倒な方は、マッチングして3日程度で会う約束を取り付けてしまうことがオススメです。相手と3日程度メッセージが続いたらサクっとデートの約束を取り付けると、会うまでのやりとりが面倒という状況は改善出来ますよ。

あんず
あんず

ただし、人によっては「会う前の通話はちょっと…」や「メッセージでお互いを良く知ってから会いたい」というタイプもいるので、過剰にグイグイ攻めすぎるのは禁物です!

【3】会っても好きになれない

マッチングアプリ上でのメッセージでは「素敵」「気が合うな」と思ってみて会ってみたものの、実際にデートしてみると「何か違う」と感じる人も多いのではないでしょうか。

でも、なぜ会って話をしても相手を好きになることが出来ないという状態が起こるのでしょうか?原因は主に3つ考えられます。

中身でなくスペックを見ている

出会っても好きになれない原因としては顔や職業、年収といったスペックでを見ていることが考えられます。相手が自分の求めるスペックに達していなかったから「好き」と思えないというわけです。

相手のことを知らない

マッチングアプリで、メッセージを行い1日デートするだけで相手を知ることは困難です。そのため相手の良いところをまだ良く知らないから相手を好きになれていないという可能性は高いです。

実は出会いを求めていない

「相手が欲しい」と口では言いながらマッチングアプリに登録していても実はすでに好きな人がいたり、趣味や仕事の方が大切な人がいます。そんな人はマッチングアプリで出会っても相手を好きにはなれません。

【対処法】会っても好きになれない場合

どんなにたくさんの出会いを重ねても、相手にきちんと目を向けない限りは恋愛することは難しいでしょう。具体的な対処法を紹介します。

中身をきちんと見る

まず「自分はスペックで人を判断していないか?」を心に問いかけましょう。仮に年収や身長が低くても、相手の雰囲気や趣味、価値観に良いところはないかをよく見てみましょう。思わぬ部分で相手の良い所が見つかり、そこから好きになれるかもしれませんよ。

相手を知ろうとする

マッチングアプリで出会って1回目程度ではまだ「好き」という気持ちにはなれないかもしれません。しかし、複数回のデートを重ねていくと相手の優しいところ、共感できるところが増えて好きになれる可能性はアップします。

出会いを真剣に求める

マッチングアプリでデートを取り付けつけても他に好きな人がいる人は、デートのときだけはそのことを忘れるように努力して目の前の相手だけを見つめてみましょう。

ただ出会いの数をこなすだけでは、幸せへの最短距離を進めている事にはなりません。相手の内面ともしっかり向き合うことが重要です。

あんず
あんず

これは男女ともに言える事だと思いますが、相手に興味を持つことが重要だと思います!「人に興味がない人」はモテないので!

【4】相手が多すぎて疲れる

マッチングアプリでは、何百万人もの人が登録しておりたくさんの人の中から自分の理想を探すことが出来るのが魅力です。

しかし、その一方で「相手が多すぎて疲れる」という人が多いのも確かです。

・自分がいいと思う人を探すのが大変
・メッセージの対応が大変で面倒
・誰がどんな人か分からなくなる
・「もっといい人がいるはず…」と迷走

自分のキャパを超えるほどの相手とやり取りをしていると、上記のような状態に陥ります。こうなると、健全な状態で素敵な出会いを探しているとは言えません。

【対処法】相手が多すぎて疲れている場合

相手が多すぎて疲れている人にオススメなのは以下の2つです。

求める相手の理想を明確にする

「相手が多すぎて選ぶのが大変」という方は、自分が求める相手の趣味や年収、学歴、職業などを明確にし、選ぶ基準を設けましょう。そうすることで自分の求める相手を探す手間を各段に省くことが出来ます。

良いと思える人にしか返事しない

たくさんの相手からのいいねやメッセージに一つ一つ返していてはキリがありません。相手には申し訳ないですが興味が持てない人やパッと見て印象が良くない人はスルーしましょう。スルースキルを身に着けるといいね返しの時間を削減出来、マッチングアプリに疲れにくくなりますよ。

【5】2回目のデートに発展しない

マッチングアプリに登録している人は、複数の人と同時進行でデートに行っている可能性が高いです。そのため、1回目のデートで「いまいち」と判断されてしまうと2回目のデートには発展しなくなってしまいます。

1回目のデートでいまいちと判断されるポイントとしては以下の4つが多いです。

■写真と本人が別人
■会話が続かない
■店員さんへの態度が悪い
■清潔感がない

アイコンの写真を加工アプリで盛り過ぎていると、実際に会ったときにがっかりされてしまい次のデートに発展しにくくなります。また、一緒にいる時間で会話を広げる努力をしない、話題を探す努力をしない会話が続かない人は相手に「気が合わない」と判断され次のデートは無くなります

また、店員さんに怒鳴る、クレームを言う人は常識が無い人と判断され「関わりたくない」と思われてしまいます。

清潔感がないのは言語道断ですね。髪にフケがついていたり、お洒落とは言えない服装を着ていたりする人は、相手に幻滅されて次につながりません。

【対処法】2回目のデートに発展しない場合

2回目のデートにつなげたいのであれば意識するポイントは以下の4つです。

プロフ写真は素の自分で

マッチングアプリにおいては、写真の加工は「別人」と思われない程度に留めておきましょう。そうすれば実際に会ったときのギャップを減らし実際に会っても相手に幻滅されにくくなり、次のデートにつなげやすくなります。

会話を続ける努力をする

緊張して上手に話せない場合でも、会話を続ける気持ちがあることは相手に伝えましょう。具体的には、相手の目を見て相槌を打ち、興味のある話題には積極的に質問するなどして、出来る範囲で会話を続ける努力をしましょう。

誰にでも優しい態度で

一緒に行ったお店の店員さんにはもちろん、誰にでも優しく接する気持ちを持ちましょう。人として当たり前の礼儀は守りましょう。

清潔感を意識した外見で

初回のデートでは個性出す必要はありません。男性はシャツにジーパン、女性はワンピースなどシンプルな服装を心がけましょう。男性は顔周りのムダ毛処理は万全に。女性はナチュラルメイクを意識することで、相手に好印象を与え次のデートに繋がる可能性が上がります。

総じて、1回目のデートではポイントを稼ぐことではなくポイントを減らさない事の方が重要です。

まずはNGのレッテルを貼られないよう、一般的な常識と相手へのリスペクトを持ってデートに臨みましょう。

【6】告白できない/してくれない

マッチングアプリでは、「告白できない・してくれない」といった理由で心を悩ましマッチングアプリ疲れになる人も多いです。

告白できない原因

  • 告白が成功するか不安
  • 恥ずかしくて照れる
告白されない原因

  • あなたに告白して成功するか不安
  • 今は相手を作る気はない
  • まだ気持ちが熟していない

【対処法】自分から告白出来ない場合

「失敗が怖いし恥ずかしいし…自分からは告白できない…」という場合でも、それなりに対処法は存在します。

相手の気持ちを探ってみる

告白出来ない理由としては「告白して失敗したらどうしよう」という不安があるからでしょう。

そのため「成功しそう」という確証をもてれば告白は出来ます。相手に「今好きな人はいるのか?」などそれとなく情報を聞き出し行けそうと思ったら告白しましょう。もし、「今は無理そう」と思ったらデートやメッセージを重ね関係性の構築に力を入れましょう。

失敗しても大きなリスクはないと割り切る

身近なコミュニティーで告白に失敗すると「すれ違うと気まずい」、「うわさになる」などのリスクがあります。しかし、マッチングアプリの出会いでは告白に失敗してもうわさになることも、すれ違い気まずくなることもありません。

また、告白に失敗してもまた新しい人を探すことが出来ます。ですので、失敗した際はリスクが低いことを念頭に置いて思い切って告白してみることをオススメします。

【対処法】相手から告白されない場合

告白して欲しいのにされない場合も、黙って待っているだけでは状況は好転しません。少し大胆に、下記のような対処法を講じてみましょう。

成功しそうな雰囲気を醸し出す

告白されない場合は「告白しても大丈夫、成功する」と相手に思ってもらえる雰囲気を出すことが重要です。

相手に対して、「●●さんの●●って部分素敵ですよね」などと相手に好意的な言葉をかけることで、相手に安心して告白してもらえる雰囲気づくりにつとめましょう。そうすると、告白してもらえる可能性はアップしますよ。

自分磨きをもっと頑張る

シンプルに、告白されない理由はまだ貴方に魅力が足りていないという考え方ですね。今は告白されなくても、今後告白してもらえるように自分に好印象を持ってもらうことが重要です。

  • 仕事を頑張る
  • ダイエットをする
  • 美容やお洒落を学ぶ

上記を頑張りながら相手とのやりとりやデートを継続するなどし、相手に自分を理解し魅力的に感じてもらいつつ、相手への好意を匂わせることで、今すぐではなくても今後相手に告白してもらえる可能性を上げることが出来ます。

管理人カワバタ
管理人
カワバタ

自分磨きも婚活/恋活の重要ファクターの1つと考えましょう!モテる人ほど地道な努力をしているものです!

【7】仕事が忙しくて余裕がない

仕事で朝から晩まで働いて、そんな忙しい中で疲れてしまい「マッチングアプリなんてやる時間がない…」となってしまう人も多い事でしょう。

いい感じに進んでいた人とも、忙しさでメッセージが途切れて機会損失…なんて事もあります!

マッチングアプリでは恋人を作るまでに最低でも下記の流れが必要となります。

  1. 魅力的な写真とプロフィールを準備する
  2. 自分の理想の人を探していいねを送る
  3. マッチングした人とメッセージを続ける
  4. デートをする
  5. 告白をする/される

この一連の流れを、忙しい仕事と並行して進めるには、当然ながら工夫が必要です。

【対処法】仕事が忙しくてアプリをする時間がない場合

この場合の解決方法は大きく分けて2つ「お金で解決する」「時間配分で解決する」かです。

アプリに課金する

マッチングアプリでは課金をすると、いいめ回数やメッセージの目立たせ方で無料会員よりも優遇されます。これを活用すると、効率よく自分好みの人を探すことが出来ます。

隙間時間でアプリ活動を

電車での通勤時間、スーパーでの列に並んでいる時間、お風呂の時間など、隙間時間でマッチングアプリを活用することをオススメします。マッチングアプリでの連絡を返すのには一人当たり5分もかかりませんので、合間の時間を上手に活用しましょう。

あんず
あんず

個人的には「マッチングアプリと上手に付き合うこと」が大事だと思っています。アプリに夢中になりすぎて仕事に支障が出るのも、仕事ばかりで恋愛を全くしないのも、どちらも健全じゃないので!

抜本的な対処法①:アプリをやめる(休止する)

「マッチングアプリに疲れた」、「もうアプリを開くのもいやだ」という方は、一時的にマッチングアプリを休止して、別の出会い方を探してみるのはいかがでしょうか。

matrix_deai

上記のように、世の中にはマッチングアプリ以外にもたくさんの出会い方があります。

自分に合った出会いの方法を探してみるのも手段の1つです。マッチングアプリにこだわらず、普段の生活で出会う人に目向けてみたり、マッチングアプリ以外の出会いイベントに参加したりという方法もアリです。

あんず
あんず

私もマッチングアプリ疲れを起こした時は、気分転換に街コンや1人飲みに出かけたりしていました!

抜本的な対処法②:アプリを変える

「マッチングアプリに疲れた」という方は、実は自分に合わないアプリを使っていないだけなのかもしれません。

今、世の中にはたくさんの種類のマッチングアプリがあり、それぞれ利用者層やサービス内容は違います。

Multiple

今使っているマッチングアプリで成果が出ない人は、別のマッチングアプリに登録してみたり、同時並行で2つのアプリを使ってみたりすることで、出会いの可能性を広げることができます。

複数のアプリを使うメリット

  • シンプルに出会いの可能性が増える
  • 色々な特色があって楽しい

複数のアプリを使うデメリット

  • アプリの数だけ月額費用がかかる(男性)
  • 管理が大変になる

多くの人に選ばれているマッチングアプリ

「マッチングアプリ疲れ」に陥っている人は、改めて自分の使っているマッチングアプリと、世の中で多くの人に選ばれているマッチングアプリを比較してみましょう

以下では、わたしが実際に利用して良いと感じかつ世の中の多くの人に選ばれているマッチングアプリの特徴とオススメの人をご紹介します。

Pairs(ペアーズ)

pairslp

言わずとしれたマッチングアプリの代表格であるペアーズは、会員数1,000万人を誇ります。

20代~30代の利用率はNo.1で、知名度のもっとも高いマッチングアプリと言っていいでしょう。もしも現時点でPairsを1度も使った事がないという場合は、試してみる価値アリです。

利用者が多いため、地方のユーザーが多いことも特徴の1つです
あんず
あんず

私はPairsをメインで使っていた期間が1番長く、たくさんの素敵なお相手と巡り合うことができました!

Omiai

Omiaiは、累計マッチング数6,000万組を突破した大人気恋活&婚活アプリです。pairsしか使ったことがないという人は、まずこのOmiaiを使ってみる事をおすすめします。

Pairsよりも少しだけ「年齢層が高く、結婚意識の高い人が集まるアプリ」となっています。

次に出会う人とは結婚を真剣に考えたいという人には、特におすすめのマッチングアプリです。

with

with_008

withは「恋愛スタイル診断」など多くの診断を通して自分にピッタリの人を見つけることが出来る恋活アプリです。

また、「好みカード」という独自のシステムによって趣味や価値観が合う人とマッチングしやすいのも魅力。

年齢層の中心は20代、特に女性から人気のあるマッチングアプリです。

marrish(マリッシュ)

marrish_main

marrishは、シングルマザー、バツイチの方に向けて特化して作られた恋活・婚活アプリです。

  • バツイチだけど再婚したい
  • シンママ・シンパパ
  • 40代で出会いを探したい

上記に1つでも当てはまるなら、無料登録して見る価値はあります。

Match

match_lp2

Matchは、アメリカでスタートした大人気の婚活目的アプリです。日本国内でもトップクラスのマッチングアプリとして知られています。

Matchの特徴は何といっても「女性も課金のため真剣度の高い人が集まっていること」です。ここまで紹介したマッチングアプリは基本的に女性は無料なので、真剣な女性を探したい男性には特におすすめです。

【まとめ】アプリ疲れは適度に解消して楽しい出会いを

マッチングアプリ体験談

「素敵な人を見つけたい」そう思ってアプリに登録したけれど、「いい人がいない」、「たくさんの人とのやりとりが面倒」、「会っても好きになれない」といった悩みが尽きず、マッチングアプリ疲れに悩まされる方は多いです。

あんず
あんず

実際にわたしもマッチングアプリ疲れに悩まされましたが、結果として素敵な彼氏を見つける事ができました!

マッチングアプリ疲れは、原因をきちんと見つけて正しい対処法を取ることが重要です。マッチングアプリとの付き合い方を間違えないような注意が必要です。

また、マッチングアプリを休止する / マッチングアプリを変える(併用する)などの手もあるので、ご自身の状況に合わせていろいろな対策を講じてみてください。

みなさんがアプリ疲れを解消し楽しい出会いを見つけられることを応援しています!

タイトルとURLをコピーしました