【40代にオススメ】出会えるアラフォー向けマッチングアプリ3選と成功のコツ

around40

まず最初に結論からお伝えすると、40代が新しい出会いを探すのに最適なツールはマッチングアプリで、中でも「pairs(ペアーズ)」「marrish(マリッシュ)」がもっとも可能性が高いと言えます。

管理人カワバタ
管理人
カワバタ

これは結婚相談所を運営しながら数々の婚活/恋活イベントを主催してきた私(1980年生まれ)の結論です。

使うマッチングアプリさえ間違えなければ、かなり高い確率で出会いを手に入れる事ができると言って良いでしょう。

今回の記事では、40代がマッチングアプリを活用して出会いを手に入れる方法と、おすすめのマッチングアプリについて紹介します。この記事を読めば、数カ月後には理想の恋人と素敵な時間を過ごせるようになっているかもしれません!

40代向け優良アプリ3選

アプリ 特徴 詳細
marrish
アラフォーから絶大な支持
バツイチ&シンママ優遇

詳細を見る
pairs
会員数/人気 No.1
安心・使いやすい!

詳細を見る
Match
真剣な婚活層向け
世界規模で安心

詳細を見る

ズバリ40代向けのマッチングアプリは、上記の3つです。

これ以外のマッチングアプリは、料金が適正でない、会員数が少ない、年齢層が違う、サクラや業者が多いといった理由でオススメできません。

マリッシュ

婚活真剣度の高い人が集まるアプリとして不動の地位を確立しているのが「marrish(マリッシュ)」です。

バツイチ・シンママなど婚姻歴のある人を優遇するサービスを多く提供しており、会員数も多い。アプリ内での音声やりとりが可能、身分証提出があるためセキュリティも万全、40代には特におすすめのマッチングアプリです。

20代~30代であれば、基本的にpairsがもっともオススメですが、40代にはマリッシュの方が良いと思っています。

マリッシュは年齢内訳でもっとも多いのが40代となっており、落ち着いた大人の出会い/恋愛/結婚を求めている利用者が非常に多いのが特徴です。

マリッシュの年齢分布

marrish-age

まずは無料登録でお試し検索

もちろん、マリッシュは利用規約で既婚者の利用を禁止しています。結婚している人の不倫目的での利用はできません。

第6条(禁止事項)
・既婚者の会員登録およびコンテンツの利用

マリッシュ利用規約より

また、マリッシュの公式ページには「バツイチ」「再婚」「シンママ」などのワードが随時に見られ、それらの人が安心して出会いを探せるマッチングアプリであることが分かります。実際にマッチングアプリひろばでも、マリッシュで出会いを探してデートしているシンママの体験談があります。

【バツイチ&シンママ】マッチングアプリのmarrishで誠実男性とデートした体験談
シングルマザーや再婚希望者に人気のマッチングアプリ「マリッシュ」で出会った、43歳のアート好き紳士とのデート体験談を紹介します。正直いって、シンママでもマッチングアプリで、こんなにまともな男性に出会えるの?と衝撃を受けました。

女性は完全無料、男性は登録&検索までは無料でできるので、まずはお近くで良さそうなお相手を探してみてはいかがでしょうか。

特徴 真剣婚活アプリ 再婚者/バツイチ優遇
利用者数 140万人(2021年)
月額1ヵ月 女性無料 / 男性3,400円〜
年齢層 30代〜40代が多い
男女比 男性5.5:女性4.5
サービス開始 2016年
運営会社 株式会社マリッシュ

pairs(ペアーズ)

マッチングアプリとして国内No.1の会員数を誇るpairsは、知名度も評判も抜群です。

毎日2,000人が新規登録していて、都心部だけでなく地方でも充分な出会いが見つかります。プロフィールだけでなくコミュニティが充実しているから趣味の合う人とマッチング可能です。

利用者数が国内最大級なので出会える可能性が高い

ご存知のペアーズは20代30代がメインのマッチングアプリですが、何せ会員数が多い(総会員数1,000万人以上)なので、40代の利用者も十分すぎるほどいます。

40-pp

※2020年編集部調査

ペアーズは言わずと知れた優良マッチングアプリなので、会員数・会員の質・アプリの使いやすさ・運営企業など、どれをとっても弱点が見当たりません。

「迷ったらペアーズ」でOK

セキュリティや通報機能がきちんとしているので、サクラ・業者・既婚者などの入り込む余地は限りなく少なく、安心して利用することができます。

管理人カワバタ
管理人
カワバタ

私の所には、使うマッチングアプリの相談に来る人も数多くいますが、基本的に「迷ったらペアーズ」と伝えています

特徴 利用者数国内No.1
利用者数 1,000万人(2020年)
月額1ヵ月 3,590円〜
年齢層 20代〜30代が多い
男女比 男性7:女性3
サービス開始 2012年
運営会社 株式会社エウレカ

Match(マッチドットコム)

40代で真剣に出会いを探している人にもう1つおすすめしたいマッチングアプリが、この「Match」です。もともとはマッチドットコムというアプリ名でしたが、今は「Match」になっています。

もともとは1995年アメリカ発祥のマッチングアプリで、日本での運営は「マッチ・ドットコム ジャパン株式会社」です。

真剣に交際~結婚を考えている人向け

日本国内の会員数は業界トップクラスです。プロフィールには26枚まで写真登録が可能で、マッチング無しでメッセージの送信が可能。女性有料なので婚活真剣度の高い利用者が集まり、6割以上が中長期的な交際を希望しています。

男女ともに課金が必要なアプリなので、女性の会員数は少し少なめですが、その分だけ「真剣に恋愛したい人・一定の経済力がある人」が集まっています。

特徴 レコメンド機能における相手の探しやすさ
利用者数 非公開
月額1ヵ月 3,980円〜
年齢層 30代・40代が中心
男女比 男性6:女性4
サービス開始 1995年
運営会社 マッチ・ドットコムジャパン株式会社

40代のマッチングアプリの選び方

おすすめのマッチングアプリはここまでに紹介した通りですが、ここでアプリを選ぶ際の注意点につて紹介します。

これを知らずに手当り次第のマッチングアプリに登録~利用をしていると、ハッキリ言って時間とお金の無駄になってしまいます。

定額制の優良アプリを選ぶ

これは絶対条件です。マッチングアプリを選ぶなら、月額課金制の中から探しましょう。

一般的に優良アプリと呼ばれるものは、月額料金で3,000円~5,000円程度です。利用期間や決済方法により若干の値段は変わりますが、大きく外れることはありません。

マリッシュ 女性無料 / 男性3,400円〜
pairs 女性無料 / 男性3,590円〜
Match 男女とも3,980円〜
with 女性無料 / 男性3,600円〜
Omiai 女性無料 / 男性3,980円〜

ポイント課金制のアプリはNG

間違っても、ポイント課金制のアプリを使ってはいけません。

具体的には「YYC」「ハッピーメール」「PCMAX」などが該当しますが、これらはポイント課金制のアプリです。メッセージの送信やプロフィール閲覧のたびにポイントが消費され、無くなったらそのたびに課金してポイントを購入する必要があります。

こうしたサイトには、ポイントを消費させる役の「サクラ」が紛れ込んでいる可能性も高く、気付いたら何十万円ものお金をつぎ込んでしまっているという例も珍しくありません。

管理人カワバタ
管理人
カワバタ

デートを先延ばしにし、メッセージの回数を増やしてポイント料金を消費させるのは、サクラの常套手段です。出会い系サイトと呼ばれていた時代から変わっていません。

自分の年齢層になったアプリを選ぶ

自分の年齢が40代なのに、20代の利用者ばかりがいるマッチングアプリを使っても、出会いや恋愛が成立する可能性は低いでしょう。

大手のマッチングアプリで言うと「with」や「タップル」は20代が中心で30代~40代の利用者は少なめ。

「どうしても若い人と恋愛がしたい!」というのであれば止めませんが、相当厳しい戦いになることは覚悟しておきましょう。

管理人カワバタ
管理人
カワバタ

自分が20代の時に、40代の異性をどう見ていたか?を思い出してください!

記事前半でも紹介しましたが、40代であれば同年代の人がたくさんいる「marrish(マリッシュ)」「pairs(ペアーズ)」にしましょう。

複数のアプリを使うと効率UP

可能であれば、2つ以上のマッチングアプリを同時に使いましょう。そうすることでシンプルに出会いの可能性は倍増します。

複数のアプリを使うメリット

・単純に出会える人の数が増える
・アプリの色々な楽しみ方ができる

複数のアプリを使うデメリット

・利用料金が2つ分かかる
・相手が増えると管理が大変になる

理想の恋人を見つけるためには、出会いの数もある程度は大切になってきます。

そのためには、複数のマッチングアプリを併用するという選択肢を視野に入れましょう。

管理人カワバタ
管理人
カワバタ

20代30代のアクティブユーザーの多くは2つ以上のアプリを同時に使っています!

40代にマッチングアプリがおすすめな理由

40-5

出会いにかかる費用が安い

特にオプションなどを利用しなければ、マッチングアプリの月額費用はだいたい3,000円~5,000円です。

いわゆる飲み会の費用1回分で、1ヶ月存分に出会いを探すことができるわけです。

対して合コンやパーティーでは、1回あたり6,000~8,000円の費用がかかります。2次会があった場合の費用や交通費も含めるともう少しかかりますので、費用面でマッチングアプリを使うメリットは大きいと言えるでしょう。

マリッシュ 女性無料 / 男性3,400円〜
pairs 女性無料 / 男性3,590円〜
Match 男女とも3,980円〜
with 女性無料 / 男性3,600円〜
Omiai 女性無料 / 男性3,980円〜

スマホ1つで手軽に始められる

今40代の人が20代の頃は、出会いが手に入る場所と言えば、合コン・パーティー・職場・同窓会・知人の紹介・結婚相談所などでしょう。

ただし、40代になると上記のような出会いの場へ行く機会もそう多くないでしょう。合わせて、同世代には既婚者が増えてくるので、出会いの可能性はなおさら減ってくるはず。

そんな中でマッチングアプリは、スマホ1つで24時間いつでも出会いを探せるので、忙しい人にも非常に便利です。仕事の合間や寝る前の時間にアプリを開けば、そこにいつでも出会いの可能性があります。

希望する相手と出会える

合コンやパーティーでの出会いは、蓋を開けてみるまでお相手の年齢や住まいや職業などは分かりません。せっかく仲良くなったのに、家が遠かったり休みが合わなかったりで恋愛が上手く行かないケースも多いでしょう。

その点マッチングアプリでは、お相手の条件を事前に検索することができるので、自分の希望通りの人を探すことができます。

年齢・血液型・住まい・職業・年収・身長・趣味など、自分の重要視したい項目を軸にして、理想の相手を探せるのはマッチングアプリの大きなメリットです。

管理人カワバタ
管理人
カワバタ

ただし、理想のスペックを求めすぎると出会いの幅を狭めることにもなるので注意しましょう!

バツイチ・子持ちでもOK

この記事で紹介している「marrish(マリッシュ)」などは特にそうですが、マッチングアプリならバツイチやシンママでも手軽に出会いを探すことができます。

・同じバツイチの人と出会いたい
・子供がいて時間が作りにくい

40代になると、上記のような過去に結婚~離婚を経験している人も多いでしょうし、それぞれ色々な状況があります。そんな中でも、マッチングアプリなら条件に合った人をピンポイントで見つけられます。

ちなみにマッチングアプリひろばでは、子連れデートの体験談なども寄稿してもらってますので、ぜひ参考にしてみてください。

シンママのmarrish(マリッシュ)体験談|葛西臨海公園で子連れデートした話
シングルマザーやバツイチなどの再婚希望者に特化したマッチングアプリのマリッシュで出会ったガテン系オシャレ男性との子連れデート体験談です。最初のデートは最高だったのに2回目のデートで襲われかけてあえなく終了した話です。

相手の事を事前に知れる

恋愛において中身が大事なことは言うまでもありませんよね。

合コンやパーティーでは、ある程度は「出たとこ勝負」になってしまいますが、マッチングアプリはそうではありません。アプリ上でマッチングした人とは会うまでに何度でもメッセージができるので、その段階でお互いを知ることができます。

メッセージで相手の生活や価値観を聞く事もできますし、相性が合わないと感じた人とは会う必要もありません。もちろん月額料金内でできるので、出会った後の交際に発展する可能性をグンと高めることができます。

メッセージのやりとりをして「良さそうかも、会ってみたい!」と思った人と会いましょう!

40代のアプリ婚活で失敗しないコツ

ここからは、実際に40代でマッチングアプリでの出会いを成功させるポイントについて紹介します。

マッチングアプリは優れた出会いのツールですが、登録すれば誰でも理想の恋人ができるというわけではありません。

事前に失敗したいためのコツを抑えておきましょう。

プロフィールをきちんと作成する

マッチングアプリに登録して最初にすることは、自分のプロフィールを作成することです。

自分がどういう人か、相手にきちんと伝わるようなプロフィールを作成して、異性からの目に留まるようにしましょう。

基本項目をできるだけ埋める

まず最初に、自分の基本項目を入力していきましょう。

ほとんどのマッチングアプリが選択式なので、あまり考えることなく事実をサクサクと埋めていきましょう。

住まいに関する項目・仕事に関する項目・趣味や恋愛観に関する項目など、アプリにより違いはありますが、基本的に難しいことはありません。

逆にここが全て埋まっていないと、相手から「何か後ろめたい事があるのかも」と思われてしまいます。

自己紹介文をきちんと書く

次に、自由テキスト入力となるプロフィール文です。ここが最重要と言ってもいいほど大切な部分です。具体的には下記のような文章ですね。

はじめまして!19◯◯年生まれ、◯◯県出身の◯◯です!
40歳を迎えて活動の幅をさらに広げたいと思い立って、アプリを始めてみる事にしました。
趣味は~~で、休日はいつも~~
仕事は~~で、いつも~~です。
まずはメッセージからよろしくお願いします!

最初の挨拶、趣味や休日の過ごし方、恋愛観、自分のアピールする点などをふんだんに盛り込んで、魅力的なプロフィール文章を作成しましょう。

文章作成が苦手な人は、アプリの運営側で用意してくれているテンプレートに沿って作成するのもアリです。ただし、相手へのアピールを踏まえるとオリジナルの文章を作成する方が理想です。

誠実さが伝わる写真を使う

自分のことがきちんと伝わるプロフィールを作成したら、次は写真の選定です。ここも言わずと知れたマッチングアプリでは重要な部分になります。

  • 鮮明に写った笑顔の写真かどうか
  • 誠実さが伝わる写真かどうか
  • 自分の日常が伝わる写真かどうか

写真は基本的に複数枚載せるのがオススメ。可能であれば自宅や趣味のものが伝わる写真を載せましょう。何かしら話題のきっかけになるものを撮れると良いでしょう。

自信がない人は撮影を依頼しよう

写真が相手に与える印象は非常に重要で、いかに相手に好印象を与える写真を載せるかでマッチング率は大きく変わってきます。

魅力的な写真の撮り方がわからない人や、自分の写真にどうしても自信が持てない人は、専門家に頼んでみるのも1つの手段です。

最近ではマッチングアプリのプロフ写真撮影の専門家もいるほどです。自分の魅力を誰かに引き出してもらうのは非常に有効です。

高望みをしすぎない

40代でのマッチングアプリを活用した出会い探しにおいては、外見やスペックにおいて高望みをしすぎない事が重要です。

前提として、容姿や性格の良い「モテる人」は、この年代(同じ40代もしくは30代後半)ではマッチングアプリを活用した恋人探しはしていません。既に結婚して家庭を持っているか、恋人がいる人が大半でしょう。

言い方は悪いですが、40代でマッチングアプリを使って真剣に恋人を探している人は「外見や性格などに何らかの理由がある人」である可能性が高いので、そのことを念頭に置いてお相手を探しましょう。

失敗しても落ち込まずに次へ行く

マッチングアプリでは「良いかなと思って会ってみたけど上手く行かなかった」ということは普通にあります。これはある程度は仕方ないことなので、そういうものだと割り切りましょう。

ここで1番ダメなのは「落ち込んで気持ちが沈んでしまうこと」です。ネガティブな気持ちが先行して積極的になれずにいると、時間もお金も機会も無駄にしてしまいます。

・会ってみて印象が違った
・好印象なのに連絡が途絶えた
・告白したけど振られてしまった

上記のような事があったとしても、早めに気持ちを切り替えて次のお相手を探せるようにしましょう。

業者やサクラに注意する

一部のマッチングアプリには、業者やサクラと呼ばれる人が紛れ込んでいる可能性があります。

業者やサクラとのメッセージやデートに費やした時間や労力は、真剣に恋愛したい人にとっては無駄にしかなりません。

業者やサクラには色々な種類がありますが、一般的には下記などが該当します。

業者(勧誘)の種類と目的

サクラ ポイント課金制サイトに存在する。女性会員になりすましてポイント消費させる
マルチ商法 ネットワークビジネスの会員獲得
店舗勧誘 風俗店・ガールズバー・ボッタクリ店などへの誘導
別サイトへの誘導 高額な課金型の詐欺サイトへの誘導
宗教勧誘 宗教や教団への入会を勧める
リスト収集 LINEや連絡先を集めて業者へ売る。会う必要はない

近年ではサクラや業者の手口も多様化しています。下記の記事で特徴と見分け方について書いていますので、参考にしてみてください。

マッチングアプリに潜む業者・サクラの特徴13選|勧誘の見極め方
マッチングアプリには業者・勧誘・サクラと呼ばれる人が一定数いますが、対処法をきちんと覚えておけば問題ありません。見分け方や対処法と合わせて、実際にマッチングアプリで業者と出会ったデート体験談も紹介します。

紛れている既婚者に注意する

マッチングアプリにおいては、結婚相談所と連動しているサービス以外では基本的に独身証明書の提出は義務付けられていません。それもあってか、優良マッチングアプリといえどもごく少数の既婚者が紛れ込んでいるという事実はあります。

既婚者の目的は、言わずと知れた「ヤリモク・遊び」です。真剣に将来を考えて恋愛したい人からすると、迷惑行為でしかありません。

もちろん、優良マッチングアプリであれば既婚者の利用は規約で禁止されています。

日本在住の18歳以上(高校生は除く)で、交際相手がいない方、独身の方(現在離婚している方も含む)のみが、日本国内において利用可能な婚活をサポートするサービスです。

ペアーズ利用規約より

既婚者がマッチングアプリを使うと「メッセージの時間がおかしい」「待ち合わせ場所や時間に違和感」などの特徴が現れます。

下記の記事で既婚者の特徴と見分け方について解説していますので、やりとりをする中で「この人もしかしたら既婚者じゃ…?」と感じたら参考にしてみてください。

マッチングアプリの既婚者を見抜く!ヤリモク男の10の特徴と回避する方法
マッチングアプリに潜む既婚者や遊び人について、見極め方や撃退法を紹介します。セフレやワンナイトを目的とした既婚者・遊び人・チャラ男は、pairsやwithやomiaiをはじめとする大手マッチングアプリにもいますので、事前に回避方法を覚えておきましょう。

40代のマッチングアプリデートはどうする?

date

悩んでる人
悩んでる人

・マッチング後どうすれば良いの?デートの行き先は…?

マッチングアプリで理想の相手を見つけたら、デートに誘って2人で会わないことには何も始まりません。

ここでは、マッチングアプリの出会い~デートまでの成功ポイントについて解説します。

出会いを急ぎずぎない

アプリでマッチングしたお相手に対して

悩んでる人
モテない人

いいねありがとうございます!LINE教えてもらってもいいですか?

悩んでる人
モテない人

早速ですが会いましょう!今週末どうですか?

なんてメッセージを送ってしまうのはNGです。いくら40代で時間がないとはいえ、実際に会うのはメッセージでお互いを少し知ってからの方がいいでしょう。

人によって目安は変わりますが、マッチングから会うまでに最低でも2週間~1ヶ月は見ておきたいところ。その期間でたくさんメッセージをして、お互いの事を知りましょう。

あまりガツガツした態度を取ると、相手に「余裕がない人」という印象を持たれてしまいます。

健全なデートでお互いを知る事が重要

初回デートの行き先としておすすめなのは「カフェ・ダイニング・公園」などです。2回目以降であれば「水族館・ドライブ」などでも良いでしょう。

間違っても初回や2回目のデートで「自宅」や「ホテル」などへ誘ってはいけません。

特に真剣に将来を考えられるお相手を探している女性であれば、上記のような下心がある打診をされると、その瞬間に気持ちが冷めて終了してしまいます。

「そういうのはちゃんと付き合ってから」と考える女性の方が圧倒的に多いのが現実です。

まとめ

今回は40代のマッチングアプリ事情と、出会い~恋愛を成功させるコツについて紹介してきました。簡単に、この記事で紹介したポイントをまとめます。

・使うのは優良アプリ3つだけでOK
・定額制のアプリで理想の相手を探す
・メッセージでお互いを知り、出会いを急がない

基本的に同年代の人が使っているマッチングアプリで出会いを探すのがおすすめです。

初めての人は不安な気持ちがあるかもしれませんが、登録&検索は男女とも無料でできるので、まずはお試しで探してみると良いでしょう。

アプリ 特徴 詳細
marrish
アラフォーから絶大な支持
バツイチ&シンママ優遇

詳細を見る
pairs
会員数/人気 No.1
安心・使いやすい!

詳細を見る
Match
真剣な婚活層向け
世界規模で安心

詳細を見る

現代では、職場恋愛や知人の紹介といった「自然な出会い」よりも、マッチングアプリで理想の相手を検索する「自分から探す出会い」が主流になってきています。

積極的になるほどチャンスは拡大しますので、ぜひ「marrish(マリッシュ)」「pairs(ペアーズ)」といったマッチングアプリを活用した40代の素敵な出会いを体験してみてください!

この記事を書いた人
kawabata
カワバタ
恋活/婚活イベント主催15年、結婚相談所「GIFT」運営。恋愛系youtuberも行うマッチングアプリコンサルタント

住まい 千葉県
生年月日 1980年1月
仕事 恋愛アドバイザー
趣味 スノーボード
特技 恋愛相談に乗る事
タイトルとURLをコピーしました